※当院は予約制ではありません。
お問い合わせ

リード動物病院

リード動物病院
〒814-0021 福岡県福岡市早良区荒江2丁目15-5
診療時間
  • 午前:9:00 - 11:30
  • 午後:16:00 - 18:30
  • 休診:火曜・祝日
求人情報はこちら

SUBシステム設置術

SURGERY

リード動物病院

SUBシステム設置術

SUBシステムとは「Subcutaneous Ureteral Bypass」の略で、尿管閉塞の治療として、尿管とは別に腎臓から膀胱へのバイパスする人工物のことです。SUBシステムは従来の方法と比較して再閉塞のリスクが少なく、手術時間も比較的短いというメリットがあります。

尿管結石は犬でも猫でも生じますが、近年、猫での発生が増えています。

猫の尿管結石の9割以上はシュウ酸カルシウムといわれています。シュウ酸カルシウム結石は内科療法で溶解できず、1歳未満の猫から中高齢の猫まで幅広い年齢で認められます。猫の尿管の内腔の径は0.4mm程度で犬に比較するとかなり細く、わずかな結石でも閉塞してしまうのも猫に多い要因と考えられています。

以下、当院でおこなっている尿管閉塞に対する手術です。

①尿管結石の摘出術

尿管結石を取り除き、尿管を縫合します。

②尿管膀胱新吻合術

尿管の断端を切開し、膀胱に新たに開口させる方法です。

③SUBシステム設置術

SUBシステムという腎臓と膀胱をつなぐデバイスを皮下に設置します。

 

これらの手術のメリット・デメリットをお伝えした上で飼い主様と手術方法を選択していきます。

以下、SUBシステムを設置したねこちゃんのレントゲン画像です。

 

腎臓、泌尿器系の病気でお困りのことがあれば当院までご連絡ください。