※当院は予約制ではありません。
お問い合わせ

リード動物病院

リード動物病院
〒814-0021 福岡県福岡市早良区荒江2丁目15-5
診療時間
  • 午前:9:00 - 11:30
  • 午後:16:00 - 18:30
  • 休診:火曜・祝日
求人情報はこちら

膀胱腫瘍摘出(膀胱全摘出、膀胱部分切除)

SURGERY

リード動物病院

膀胱腫瘍摘出

はじめに

膀胱腫瘍はわんちゃんに多く、猫ちゃんでの発生はほとんどありません。

その中で膀胱移行上皮癌は最も発生が多く、悪性度の高い腫瘍です。

 

症状

・血尿

・頻尿

・排尿困難

など膀胱炎の症状と重複するため症状だけでは判別できません。

 

検査

身体検査、血液検査、腹部超音波検査、レントゲン検査、尿検査などを実施します。

腫瘍の有無や位置、膀胱付近の器官やリンパ節の異常、骨や肺への転移などを評価します。尿検査では、尿中の腫瘍細胞の存在や感染の有無を評価します。確定診断のために膀胱内へのカテーテル挿入、あるいは膀胱鏡により生検することもあります。

 

治療

内科療法と外科療法があり、腫瘍の進行度や、これから想定される合併症や予後について、飼い主様と相談した上で治療法を決定します。根治的治療として膀胱の部分切除、膀胱全摘出術、膀胱尿道摘出および尿路変更術などの外科療法があり、緩和的治療として抗がん剤や消炎鎮痛薬を用いた治療法があります。

膀胱移行上皮癌は一般的に膀胱三角部と呼ばれる尿管や尿道が集まる部位に発生しやすく、再発や転移率が非常に高いため、膀胱を全て摘出しないと再発してしまうことがあります(尿道まで転移している可能性が高い場合、尿道まで切除します)。一方で、膀胱全摘出術は自力で排尿できなくなってしまうため、尿は垂れ流しの状態になり、動物だけでなく飼主様の負担も大きくなるため、これから想定される合併症や予後を考慮して治療法を決定する必要があります。