※当院は予約制ではありません。
お問い合わせ

リード動物病院

リード動物病院
〒814-0021 福岡県福岡市早良区荒江2丁目15-5
診療時間
  • 午前:9:00 - 11:30
  • 午後:16:00 - 18:30
  • 休診:火曜・祝日
求人情報はこちら

肝臓腫瘍摘出

SURGERY

リード動物病院

肝臓腫瘤摘出

近年、医療機器の獣医領域での普及により肝臓の腫瘤が発見されるわんちゃん・ねこちゃんが増えてきています。当院では、健康診断の際に偶発的に発見されたり、わんちゃん・ねこちゃんのお腹が張っている、お腹が硬い、少し食欲が落ちてきたなどの主訴で来院され、画像検査にて発見されることが多いです。

肝臓原発の腫瘍は犬では肝細胞由来の腫瘍が多く、一つの葉に限局して発生している場合、摘出することにより良好な予後が期待されます。しかしながら、その他、血管肉腫やカルチノイド、胆管癌など予後が悪い腫瘍も存在するため注意が必要です。

以下に実際の症例を紹介します。手術中の写真もあるため苦手な方はご遠慮ください。


<実際の症例>

10歳のシーズーの女の子で、お腹が張ってきたという主訴で来院。

当院で血液検査や画像検査をおこない、肝酵素の上昇および肝臓右葉領域に巨大な腫瘤が確認されました。

<レントゲン・腹部超音波検査>

<治療>

飼い主様と手術や麻酔のリスク、術後の合併症について相談した結果、後日手術をおこなうこととなりました。以下は手術の際の写真です。

摘出した肝臓の腫瘤は高分化型肝細胞癌という腫瘍で術後は定期的な検査は必要ですが完全摘出できれば良好な予後が期待できる腫瘍でした。

肝臓は『沈黙の臓器』とも呼ばれ、 腫瘍が発生しても症状が出にくく、わんちゃんねこちゃんではかなり大きいサイズになってから発見されることが多々あります。そのため早期発見のためには、定期的な検診をおこない、体調の変化に気づかれたら早めに動物病院に受診されることをおすすめします。