※当院は予約制ではありません。
お問い合わせ

リード動物病院

リード動物病院
〒814-0021 福岡県福岡市早良区荒江2丁目15-5
診療時間
  • 午前:9:00 - 11:30
  • 午後:16:00 - 18:30
  • 休診:火曜・祝日
求人情報はこちら

横隔膜ヘルニア

SURGERY

リード動物病院

横隔膜ヘルニア

はじめに

横隔膜ヘルニアは腹腔内の臓器が何らかの理由で横隔膜を通じて胸腔内に突出した状態です。横隔膜ヘルニアは交通事故などの外傷によるものや先天的に欠損しているケースもあります。

胸腔内に腹腔内にあるべき臓器が存在しているため、肺や心臓が圧迫され、呼吸が苦しくなったり、循環不全に陥ります。

横隔膜ヘルニアの診断は画像検査にておこないます。

治療は基本的に外科手術で胸腔内の臓器を腹腔内に戻し横隔膜を整復することです。

以下に実際の症例を紹介します。

手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご遠慮ください。


<実際の症例>

若い保護猫、元気食欲が低下しており、呼吸が苦しそうだったため来院されました。

レントゲン検査、血液検査、腹部超音波検査をおこない横隔膜ヘルニアと診断しました。

呼吸状態が悪化していたため、状態が落ち着いてから手術をおこないました。

 

<レントゲン検査>

レントゲン検査では心臓の陰影と重なるように腹腔内の臓器が胸腔内に突出しています。

<手術>

左下の図は胸腔内に嵌入した肝臓です。胸腔内に肝臓全体が入り込んでおり、それを元の位置に戻し、欠損した横隔膜を整復しました。

手術後のレントゲン検査では手術前と比較すると横隔膜の陰影がはっきりみえるようになっています。

 

手術後、数日入院しました。その後、呼吸状態は落ち着き、食欲も改善したため無事退院しました。