※当院は予約制ではありません。
お問い合わせ

リード動物病院

リード動物病院
〒814-0021 福岡県福岡市早良区荒江2丁目15-5
診療時間
  • 午前:9:00 - 11:30
  • 午後:16:00 - 18:30
  • 休診:火曜・祝日
求人情報はこちら

大腿骨頭骨頸切除

SURGERY

リード動物病院

大腿骨頭骨頸切除

大腿骨頭骨頸切除はレッグ・ペルテス病、複雑な大腿骨頭骨折、股関節形成不全症、繰り返す股関節脱臼症などの疾患に対する外科的治療としておこなうことがあります。この術式は大腿骨頭骨を切除することで大腿骨と骨盤との接触をなくし、線維性偽関節を形成させることにより股関節の機能回復を目的とする手術です。一般的に体重が軽い小型犬での予後は良好ですが、大型犬では回復に時間がかかることが多く、完全な機能回復は見込めません。後肢の筋肉の萎縮を防ぐため、術後早期にリハビリを開始することが重要です。


<実際の症例>

3歳、ヨークシャー・テリアの男の子。

繰り返す股関節脱臼を主訴に当院に紹介来院されました。当院来院時は左後肢の疼痛があり、レントゲン検査にて股関節脱臼が認められました。

過去に何度か、かかりつけ病院で脱臼をもとに戻してもらったがすぐに外れるということで当院で手術をおこなうことになりました。

手術前(左)と手術後(右)のレントゲン画像

 

術後、数日で退院し、少しずつ足をつけるようになって現在では反対足と同じように歩行できているようです。