お問い合わせ(予約制ではありません)

092-707-6780

〒814-0021福岡県福岡市早良区荒江2丁目9-24

診療カレンダー

皮膚科

Medical

リード動物病院|福岡市にある犬猫専門の動物病院

こんなお悩みはございますか?

  • 皮膚を舐めたり噛んだりする
  • 皮膚にぶつぶつがある
  • 皮膚が赤い
  • 毛が抜けている
  • ノミ・ダニがいた など

こんな症状や病気が考えられます

  • 外耳炎
  • 耳血腫
  • 細菌性膿皮症
  • マラセチア性皮膚炎
  • 寄生虫性皮膚炎
  • 皮膚糸状菌症
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 皮膚石灰沈着症
  • 毛周期停止(脱毛症X)
  • 皮膚腫瘍

皮膚の病気は様々な要因が絡んでいることがあります。特に【痒そう】という理由で来院されることがほとんどですが、その背景に何があるのかを見極めて治療していくことが大切です。
また皮膚症状が改善された場合、再発・悪化をさせないように再発予防を行う必要があります。アトピーのような完治がなく、生涯お付き合いしていかなければならないケースもあり、定期的な診察が必要となることがあります。

検査方法

  • 一般的な皮膚の検査(スタンプ、抜毛など)
  • 薬剤感受性試験
  • アレルギー検査
  • 皮膚病理検査 など

治療の特徴

  • 駆虫薬
  • 内服薬
  • 外用薬やシャンプー
  • 除去食

これらを組み合わせながら治療を行っていきます。

代表的な病気

膿皮症

犬の膿皮症は皮膚の細菌感染によるものです。細菌感染といっても体表の常在菌(病気じゃなくても存在する細菌のこと)によるものなのです。この感染症が起こる原因は細菌側の問題だけでなく犬側にも問題があり、それは皮膚バリア機能の異常であります。結果として表皮や毛包に感染が起こります。原因菌は主にブドウ球菌となることが多いです。

膿皮症は特に夏場が多くなります。しかし要因は暑さだけではありません。犬種(特にシーズー)、栄養状態の悪化、過剰なスキンケアなど他にもあります。さらに、高齢であればホルモン疾患や腫瘍なども疑う必要があります。
治療は抗生剤やシャンプー、塗り薬がメインとなりますが基礎疾患がある場合は併せて治療が必要となることがあります。

アトピー性皮膚炎は慢性的な痒みを伴う皮膚の病気であり、遺伝的素因があると言われています。また、アトピー性皮膚炎は様々な要因が絡み合って発症します。
例えば、

  • ハウスダストやカビなどに対し体が過剰に免疫反応を起こす
  • 皮膚のバリア機能の異常
  • アレルギーの原因となるものが存在
  • 食事による有害反応 など

これらが複雑に絡み合ってくるため、何が原因かを追求しながら総合的に治療していく必要があります。診断については、以下のアトピー性皮膚炎の診断基準に合致するかを見ていきます。

診断基準

  • 初発が3歳以下
  • 主に室内飼い
  • ステロイドにより痒みが改善する
  • 発疹よりも先に痒みを認める
  • 腰背部に病変なし
  • 肢端に病変あり
  • 耳介に病変あり
  • 耳介辺縁には臨床症状を認めない

これら8項目中5項目以上当てはまった場合、診断の感度は85%とされています。
しかしこの結果からアトピー性皮膚炎を疑うことはできても、確定することは難しいのが現状であります。そのため、まずは疥癬やニキビダニなどの感染症がないことを確認し、次に他の皮膚病でないことも確認します。
これらが除外できたら、アトピー性皮膚炎を疑い治療に進みます。

アトピー性皮膚炎の治療の原則としては、

  • 完治を望むのではなく、管理を目的とする
  • 治療は生涯にわたる可能性がある
  • 100%の治療効果を望まない
  • 治療効果と有害事象のバランスに配慮する
  • 複数の要因に対する対策を試みる

これらの考え方が重要になってきます。

アトピー性皮膚炎は完治させることはできないので、生涯お付き合いしていかなければならないことは先程もお伝えしました。痒いのがゼロになるのはもちろん嬉しいことです。
しかし、痒みをゼロにするために投薬量が増え結果として体に大きな負担を生じることにも成りかねません。それは動物達の生活の質を下げてしまうことになりますので、どこまで痒みを許容できるか目標設定をしていくことが重要となります。
また投薬だけでなく、日々のスキンケアやサプリメントを取り入れることで投薬量を減らせることもあります。

これらを上手く取り入れながら治療をしていけば、アトピー性皮膚炎があったとしても楽しい日常は過ごすことができると思っております。