お問い合わせ(予約制ではありません)

092-707-6780

〒814-0021福岡県福岡市早良区荒江2丁目9-24

診療カレンダー

消化器科

Medical

リード動物病院|福岡市にある犬猫専門の動物病院

こんなお悩みはございますか?

  • 軟便・下痢をしている
  • 痩せてきた
  • よく吐く
  • 食事量が減った
  • 便に虫がいた
  • 黄疸(皮膚や白眼が黄色)がある など

こんな症状や病気が考えられます

  • 食道炎
  • 食道狭窄
  • 巨大食道症
  • 異物誤食
  • 胃腸炎
  • 胃拡張捻転症候群
  • 肝リピドーシス
  • 糖尿病
  • 胆泥症
  • 胆石症
  • 胆嚢粘液嚢腫
  • 膵炎
  • 抗菌薬反応性腸症
  • 炎症性腸疾患
  • 腸リンパ管拡張症
  • 食物アレルギー

消化器の病気は主に胃腸の病気のことを指し、下痢や嘔吐などの症状で来院されることが多いです。ひとくちに「下痢や嘔吐」と言ってもさまざまな症状の現れ方があり、数日でおさまる急性のケースから、1ヶ月以上も続く慢性的なケースもあります。
急性の場合、季節の変わり目や誤飲、飼育環境の変化、ストレスなどが要因として考えられるケースが多いです。

一方、慢性の場合には消化器の炎症や腫瘍、アレルギーが要因であるほか、ペットの命にかかわる病気である「膵炎」の可能性も考えられます。
犬種・猫種、年齢などによっても、かかりやすい病気の種類は異なります。
「すぐ治るだろう」と放っておくのではなく、原因を突き止めて治療を行うことが大切です。

検査方法

  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 糞便検査
  • 腹部超音波検査
  • バリウム造影検査 など

治療の特徴

元気で食欲があるような場合には、症状に応じて抗生剤、整腸剤などで治療を行います。もしくは食事やサプリメントで管理できる場合もあります。
慢性のケースや状態不良の場合には、検査を行い、検査結果に沿った治療を行います。

代表的な病気

膵炎

まず膵炎のリスク要因としては肥満や食事が考えられます。特に高脂肪食は膵臓に負担となります。また、高齢の動物でよく見られる副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症などのホルモン疾患や、糖尿病もリスク因子として挙げられます。
膵炎の主な症状としては腹痛、嘔吐、食欲不振です。“祈りのポーズ”という伏せの状態からお尻だけをあげる姿勢が見られることもあります。
膵炎を診断するには、他の病気を除外しながら進めていきます。問診で誤食が無いかを確認をし、触診で上腹部の痛みがないか確認します。
血液検査では白血球数の上昇、CRPと呼ばれる急性炎症蛋白の上昇、リパーゼの上昇、アルブミンの低下などが認められます。また外部の検査で膵特異的リパーゼという免疫活性の測定を調べることが出来ます。レントゲン検査で膵炎を特定することは困難ですが、異物の有無を確認するのに行ったりします。腹部超音波検査では膵臓の腫大や膵臓周囲の炎症、腹水の有無の確認を行うことが出来ます。

急性膵炎の場合、治療は点滴がメインとなります。残念ながら特効薬がないのが現状です。また、点滴の他に制吐薬や鎮痛薬を併用することもあります。急性膵炎は治療に時間がかかる場合があります。そのため入院が必要になることもあります。
近年では、初期の膵炎に対して用いる新薬が登場してきました。これを上記の治療に併用することで、重症化を防ぐ可能性が示唆されました。
食事に関しては低脂肪食が必要となります。

誤食

動物は色んなものを口に入れます。それは家の中やお散歩中とどこでも起こりえます。美味しい物や面白いもの、興味をそそられるものは沢山あります。

誤飲しやすいもの
  • ヒモ、ビニール、布、靴下
  • 種(ex 梅干し)
  • 串(ex 焼き鳥など)
  • ボール
  • おもちゃ
  • 釣り針や縫い針 など

飲み込んでも吐き出してくれる、あるいは便と一緒に出てくれれば問題にならないこともあります。しかし、万が一お腹のどこかで詰まってしまうと、開腹手術となってしまうことがあります。その場合、全身麻酔が必要となります。特に1才未満が非常に多いという報告があります。

また、誤食で怖いのに中毒があります。

中毒で来院が多いもの
  • チョコレート
  • タバコ
  • タマネギ
  • ブドウ
  • 人の薬

これらは摂取した量にもよりますが、危険な状態となることがあります。もし食べたことが分かっている場合、一度来院してください。