お問い合わせ(予約制ではありません)

092-707-6780

〒814-0021福岡県福岡市早良区荒江2丁目9-24

診療カレンダー

歯科

Medical

リード動物病院|福岡市にある犬猫専門の動物病院

こんなお悩みはございますか?

  • 口臭が気になる
  • 歯石がついている
  • 食べるときに痛がる
  • 頬が腫れてきた など

こんな症状や病気が考えられます

  • 歯周病
  • 乳歯遺残
  • 口鼻腔瘻管
  • 根尖周囲病巣
  • 歯肉口内炎(猫)
  • 口腔内腫瘍

口の中のトラブルは比較的お家でも見つけやすい病気です。原因は様々ですが、歯肉炎、歯周病、口腔内の腫瘍などがあります。
腫瘍の場合、CT撮影や腫瘍専門医の診察が必要となることがあります。その際は二次施設での診察・治療をご提案いたします。
実は3才以上の犬・猫の80%以上が歯周病を持っていると言われています。
当院では、特に歯周病でお悩みの飼い主様達に、必要な検査を行い最適な治療をご提供できるよう最新の設備を整えております。何か気になる症状があれば、ご来院ください。

検査方法

  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査 など

代表的な病気

歯周病

歯の病気で、見た目ではそんなに汚れていないからうちの子は歯が健康と思われる方が多く見受けられます。しかしそれは誤解であり、歯周病とは字の如く【歯の周りの病気】であり、見た目では分からないところで病気が進行していることがあります。
歯周病は歯垢の中の細菌が歯の表面に付着し歯周組織に炎症を引き起こす病気です。歯垢は食べカスや被毛などがたまり出来上がります。歯肉に炎症をおこしたものを歯肉炎と言います。これを放おっておくと病気が進行し、歯肉以外の組織にも炎症は拡がり、これを歯周炎と言います。これらを総称して歯周病といいます。

歯垢から始まったものが歯石となり、歯石が付いている歯は歯周ポケットを形成しその中でさらに細菌が増殖していきます。これらの細菌はバイオフィルムというバリアを張り、抗生物質などが効かなくなってしまいます。歯周病が進行すると化膿が広がり、例えば眼の下が腫れるあるいは眼の下の皮膚炎を繰り返すという状態になるかもしれません。これらを根尖膿瘍と言います。こうなると歯の痛みや違和感により、歯磨きが今までできていたのに出来なくなった、ドライフードが食べられないあるいは食べにくくなった、おもちゃで遊ばなくなったというような症状が出てきます。
根尖膿瘍の場合、抗生物質の投与により一時的に腫れが引いたりすることはありますが、治すためには歯を抜くしかありません。
目の下の皮膚炎を見つけた時、もしかするとそれは皮膚病ではなく、歯の病気が原因かもしれません。歯周病は放っておくと顎の骨がどんどん溶かされていき、最終的には顎が折れてしまう可能性もあります。実際レントゲン撮影を行うと、顎の骨が溶けているのが分かります。

歯周病の診断ですが、先程もお話ししたように歯周病は見た目では分からないところで進行していきますので、様々な検査が必要になってきます。

1口臭のチェック まずは口臭のチェックをします。歯周病は細菌による感染症です。進行すると細菌が口臭物質を出します。口臭が気になり出したら、一度受診していただくことをお勧めします。
2レントゲン検査 歯周病は顎の骨を溶かしますので、レントゲンでそれらの程度を確認いたします。
3プローブ検査 歯周ポケットの深さを測る道具になります。レントゲン検査で歯周病の進行具合を把握しますが、動物の歯は根っこが3つある歯も中にはあります。その時どこか一つでも穴の深さが深い場合、抜歯の対象となります。
治療ですが、基本的には全身麻酔下で行います。無麻酔で治療すると動物はその嫌なことを記憶し、治療後に歯を触ったり口の中を見ようとすると抵抗します。歯をきれいに保つためには、病院での治療はもちろん大切ですが、お家での日々のケアもとても重要です。そのため当院では無麻酔での治療は行っておりません。
歯周ポケットもなく歯石除去のみの場合は、汚れを取り除き仕上げにポリッシング(研磨)を行い全身麻酔下での治療は終了となります。歯周ポケットが深い、あるいは根尖膿瘍などを起こしている場合は、抜歯が必要となります。
まず初めに先程と同じように汚れ取り除きます。次に抜歯を行ない、その後不良組織を取り除き、さらには縫合します。仕上げにポリッシング(研磨)を行ったところで、全身麻酔下での治療は終了となります。

口腔内の腫瘍

犬における口腔内の悪性腫瘍で、多い順番は、

  • ①:メラノーマ(30~40%)
  • ②:扁平上皮癌(20~30%)
  • ③:線維肉腫(10~20%)

猫における口腔内の悪性腫瘍で、多い順番は、

  • ①:扁平上皮癌(70~80%)
  • ②:線維肉腫(10~20%)

このように、犬と猫で発生しやすい口腔内の悪性腫瘍は異なります。基本的にこれらの悪性腫瘍は、流涎、口からの出血、口臭、食べ方の変化、体重減少などの症状が見られます。これらの悪性腫瘍は近くのリンパ節に転移し、例えば顎の下が腫れたり、首のところが腫れてきたりします。
またメラノーマは高確率で肺に転移します。そのため呼吸困難などの症状が見られる場合があります。これらの腫瘍はまず全体の状態把握のために血液検査、レントゲン検査、超音波検査などを行っていきます。
しかし、腫瘍の進行度合いを把握するには画像検査のなかでも、CTやMRIが必要となります。

治療に関しては、外科手術、放射線治療、化学療法などがあります。
口腔内腫瘍の中には良性のものもあります。代表的なものとしてエプリスという良性腫瘍があります。こちらの腫瘍は組織学的分類が多い腫瘍です。
エプリスの中の1つに棘細胞性エナメル上皮腫と呼ばれる良性腫瘍があります。こちらは良性ではあるものの、しばしば顎骨に浸潤することがあります。また、エプリスは猫での発生は稀です。