※当院は予約制ではありません。
お問い合わせ

リード動物病院

リード動物病院
〒814-0021 福岡県福岡市早良区荒江2丁目15-5
診療時間
  • 午前:9:00 - 11:30
  • 午後:16:00 - 18:30
  • 休診:火曜・祝日
求人情報はこちら

リード動物病院

心原性肺水腫

心原性肺水腫は肺の毛細血管から血液成分が滲み出し、肺間質や肺胞に液体が貯留してしまう病態をいいます。

急性に進行し、放置すると呼吸困難や窒息を引き起こします。

 

<原因>

犬の場合、心臓が原因の肺水腫の多くは、僧帽弁閉鎖不全症から起こります。

僧帽弁閉鎖不全症が悪化すると左心系に負荷がかかり、左心房が拡大し、肺静脈が拡張し、肺の毛細血管圧が上昇することで、血液成分が肺胞に滲み出てきます。

肺水腫は、心臓が原因ではない場合もあります(非心原性肺水腫)。感電や重度な炎症、腫瘍 、チョークチェーン(犬の首輪)による気道の閉塞など原因は様々です。

このように心原性・非心原性とありますが、心臓が原因である心原性肺水腫であることが多いです。

 

<症状>

・呼吸が早い

・舌が紫色になっている

・湿った咳が出る

・大量のよだれが出る 

・元気食欲の低下 などなど

 

<検査>

身体検査、レントゲン検査、超音波検査によって診断をおこないます。

呼吸状態が悪化していることが多いため、状態が安定していれば心電図検査や血液検査、血液ガス分析検査などをおこない全身状態の把握をおこないます。

 

<治療>

まずはとにかく肺にたまった水を抜かなければなりません。

本人は水に溺れているようなかなり苦しい状態です。

心臓疾患が原因の場合は肺の水を抜きながら、状態が安定したら心臓の治療を同時におこないます。

予後は重症度や治療反応によって異なり、治療が間に合わず呼吸困難やチアノーゼをおこし亡くなってしまうケースも少なくありまん。

肺水腫はひどくなる前に定期的に病院に行き、聴診やレントゲン検査、心臓超音波検査で心臓や肺の状態を確認することが重要です。